結婚式 ドレスを選ぶ前に、靴を選ぶ

今回はドレスを選ぶ前に、靴を選ぶについて

結婚式が決まったら、皆様はまず何をしますか?

多分、大半の方は、衣装選びから始めるのではないかと思います。

だって、ドレスでも和装でも、一番の憧れですものね。

レンタルは、なおのこと、お気に入りのものがあるかどうか

分かりません。

オンシーズンに挙式、披露宴を予定していたら尚のことです。

サイズも、色もデザインも、早くしないといいのが無くなってしまう。

そんな心配ありますから、当然だと思います。

でも、待ってください。

ここはドレスではなく、靴、つまりパンプスを選ぶことからはじめて欲しい。

そんな思いで書きました。

どうして靴が先なの???

せっかくドレスを見に行きたいのに、なんで?

と思われて当然だと思います。

しかし、当日のこと考えて選びますか?

当然当日の事考えていますと、きっとお答えされるのかな?

想像通りだと思います。

でも、当日は、ドレスを着て、歩きますよね。

え?当たり前でしょう?とおっしゃるのが目に浮かびます。

でも、履き慣れたパンプスですか?

きちんと選んだパンプスですか?

当日、綺麗に歩きながら進む、新婦のお姿が意外と見られないから

心配で申し上げたのです。

そこで、私は靴を先に選んで欲しいとお伝えしました。

司会をしていた頃から見ていた姿

実は、歩きにくそうな新婦のお姿は司会者時代から拝見していました。

ドレスの裾が長すぎるのか、引きずってしまう。

前に進もうとして、立ち止まってしまう。靴が合わないからでしょうね。

そして、申し訳ないのですが、姿勢が当然悪くなってしまう。

前屈みであったり、顔を上げていなかったり

いつも裾ばかり見ていたり、

そのために笑顔すらなくなる。

これは、一生に一度の披露宴だというのに。

写真に残る、ビデオにも残る。

ゲストもご覧になっている・・・・。

たったパンプスだけの問題で。

結局こうなってしまう。

もったいないと思いませんか?

結婚式後にも履けるパンプスを

ということを考えると、

ぜひ、ドレスより前にパンプスを選んで欲しいと考えています。

ただし、結婚式だけのためにではなく

その後、フォーマルの場でも使えるものを。

または、少しおしゃれをしたい時に履けるものでもいいのです。

先に選んで、購入する。

そのパンプスを持ってドレスショップへ行けばいいのです。

きっと、選んで試着した際に、

歩く姿が想像できると思います。

できることなら、歩いてみる。

そうなれば、もっと当日のお姿が想像できると思うのです。

しなやかに自然に立ち振る舞いができるのではないでしょうか?

そうなれば、当日の姿は最高なものになります。

大切な思い出を作るのは

こういうところから。

小さい事かもしれませんが

これも大切なプロデユースの一つ。

ぜひ参考になさってください。

 

 

 

 

Follow me!