シニア婚ならパーティー料理にこだわりたい~イタリアンフルコース~その①

秋はウエディングのトップシ-ズン。このところプランニングの仕事が増え、その準備に追われている毎日です。

そのなかで、コースメニュ-の試食会に参加。イタリアンフルコースを食べてきました。

シニア方にとって、若い頃の結婚式、披露宴のお料理には馴染みのないイタリアン。【イタリアン=カジュアル】と思っていませんか?

 

昨今、私が携わる披露宴(司会も含め)イタリアンが増えてきました。レストランウエディングだけでなく、ゲストハウスもイタリアンを取り入れています。

晴れの舞台、結婚式に関連するとイタリアンはしっかりとフルコースを提供することになります。

フルコースの順番やその他詳細は次回にご紹介するとして、実際に試食してきましたのは横浜元町の「トラットリア元町」。残念ですがHPがないとのことです。

シェフは東京のオオタニで腕を振るい、海外でのスイ-ツ関連の賞も受賞されている方です。

(正式に都内でランチとして提供されましたら詳しくご紹介します)

 

さて、早速試食のコース、ご紹介です。

 

002

アンティパスト(前菜)

シェフは鳥取のご出身で、野菜は鳥取の地元産を取り寄せています。

砂肝や野菜のムースなど1つ一つが違っておいしい。

 

003

ス-プは鳥取のカボチャ。クリ-ムを混ぜていただきます。

今、良く見かける婚礼料理のス-プにカプチ-ノ風というのがあります。それと同じなのかな?と思っています。

濃厚です。この日涼しかったので、お腹にやさしい味でもあり、アンティパストから新しい味を探索できる、そんな感じです。

 

004

プリモ・ピアット。イタリアンのメイン料理の一つになるパスタ。シェフ自慢の手作りのパスタ、ウニソ-スです。そしてニョッキはバジルソ-ス和え。

 

イタリアンはお肉やお魚の前にパスタが出てきます。試食したみんなは、パスタの量が少ないと言っていたのですが、いやいやここで沢山食べたら次が続きません。フルコースではこのくらいが適量。

パスタの食感がとってもいい。ソ-スを味わいながら、お酒も進みますね。

と言う事で、次回もご紹介続きます。