シニア婚や再婚におすすめ!こだわりの海外挙式トルコ アンタルヤウエディング ④

DSC_0038_Fotor

 

続々と、トルコから届いています。

本日は私も訪問いたしました、トルコ アンタルヤ市内にあります、カレイチ(旧市街)のご紹介です。

ここのスポットは、オスマン朝の時代、オスマン帝国の当時の面影を残しています。

ここでは写真撮影だけでなく、街歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか?

私が実際宿泊したホテルはオスマン朝のスルタンのお屋敷だったところです。

結婚式の後のハネム-ンとして楽しんでもいいと思います。

それではトルコ アンタルヤ在住の 野中 幾美さんのレポ-トをご覧ください。

DSC_0015_02Fotor

 

アンタルヤの観光の中心は「カレイチ」と呼ばれる旧市街です。

観光船や漁船の船着き場として使用されている旧港を取り囲んだ、すり鉢状の町で、周囲をローマ時代に作られた城壁に囲まれた、とても雰囲気のある場所です。

 

歴史は古く紀元前2世紀にアッテリア国が建設され、それ以来、ヘレニズム、ローマ、ビザンス、セルチュク、オスマン時代を経て、現在まで絶えることなく人が暮らしてきました。

 

カレイチではオスマン時代の伝統的な出窓のある民家を見ることができます。

最近までは普通に市民が暮らす家屋として利用されていましたが、1972年に歴史的景観保存保条例が出てからは、自由に改装できないことや維持費の負担から外部に売却される例が増え、企業によるレストアが進んでいます。

廃墟と化したオリジナルから、きれいに改装されてホテルとして使用されているものまで約3000軒の家屋があるそうです。

 

歴史的景観が随所に残るカレイチ。

古い伝統家屋の他に、様々な時代の建造物を目にするこができます。

フドルルック砲台、ハドリアヌス門、ケシックミナーレ、イブリミナーレ、イスケレモスクなど・・・。

なかでもカレイチのシンボル的な存在であるのが時計塔。

DSC_0042_Fotor

時計塔を背に右手に旧港に降りる道、中央にウズンチャルシュという商店街、モスクの角を左手に曲がるとレストラン、プチホテル、絨毯屋さんなどが並ぶ通りが続いています。

アンタルヤに来たら、まず時計塔をスタートにカレイチ散策をお楽しみください

 

DSC_0021_Fotor

 

ちなみに私が宿泊したホテルはhttp://www.alppasa.com/

宿泊した時に撮影した写真もアップしますね。

470278471518

 

トルコアンタルヤウェディング