前例のない披露宴 ご両親へ結婚式をプレゼント その④

披露宴当日の演出 ご両親へ結婚式をプレゼント!!その③の続きです。

 

さて、メインテ-ブル前にみんな揃いました。それも大きな拍手で迎えられ、拍手が鳴りやみません。

その中をご両親のケ-キが登場します。

ご両親のケ-キは若い新郎新婦が用意されたもの。ウエディングケ-キではなく、ケ-キ屋さんで売っているホ-ルのデコレ-ションケ-キです。

ご両家分、二つのケ-キが並びました。

私は、「ご両家のご両親にケ-キのご入刀をお願いしましょう」とアナウンスしました。

 

ご両親は何があったのかわらないまま キャプテンの誘導でケ-キ前へ進みました。そして私の「ケ-キのご入刀です。どうぞ」でケ-キにナイフを入れました。

「笑顔のプレゼントを皆様にどうぞ」の一言も添えて、ファーストバイトももちろんありましたよ。ここに若いお二人の念願かなって、ご両親のケ-キご入刀のセレモニ-が完成しました。

 

セレモニ-の時間はほんの10分ほどだったのですが、ご両親の緊張の面持ちが 晴れやかな笑顔になったのは言うまでもありません。

ご両親をみんなのの拍手で送り、結びとなったのですが実はこれを行うのに、私たちスタッフはある覚悟を決めていました。

行うのに、お客様から前例のない事だからと非難、クレ-ムを言われるのではないかという懸念があったのです。

でも、一番大切なのは何かと、優先したのは若い新郎新婦の想い。そして、一緒になったのだから、結婚をどのような形でもいいからと叶えたい。

本当に大切なのは何か、それはお客様の気持ちを大切にすること。それが私たちの情熱なのだと思います。

 

ご両親は世間一般で言えば、いい年をした大人であります。しかし、人間、大好きな人と結婚した事実に年齢は全く関係のないこと。若いお二人が一番理解されていたのだと思っています。

 

結果は、クレ-ムなど一切なし。むしろ、よくやった、いい披露宴でしたと御開き後に言われた事を忘れられません。