ご両親にもケーキ入刀を!結婚式をプレゼント!!その②

 

若い新郎新婦からご両親に結婚式をプレゼント!!その①の続きです。

 

さて、先日の打ち合わせの後に、実際の披露宴のどこに盛り込むか、これが焦点になりました。

見せ場でもあるし、それでいて、ご両親には何となく内緒。サプライズという感じですね。準備もあるし、突然、ご両親にお願いしますと当日の披露宴中には言えないし・・・。

そこで、サプライズはやめてご両親に正直に話をしてもらおうと、新郎新婦にお願いしました。心の準備も必要だし、同じ立場だったらどうしようかと考えた末の答えです。

 

さて、新郎新婦には話しをしてもらっている間に私たちは検討した結果、新郎新婦のお色直しのご入場の際に、ご両親にご入場してもらい(あらかじめドレス着用してもらい)、その後、ご両親のケ-キ入刀を入れる事にしました。

ご両家分二つのケ-キを用意して、順番にナイフを入れてもらうのです。
ファーストバイトはしなかったのですがケ-キの入刀も結婚のセレモニ-には欠かせないのもの。白いドレスをお召しになるのですから、正式なセレモニ-なのです。

 

挙式

 

そしてもう一つ。

ご両親入場の際には、私がご案内をするのではなく新郎新婦にお願いすることにしました。そこで私がお願いしたのは「普段から呼びなれているいい方でお願いしたい」

理由の一つとして、新郎のご両親は再婚したばかり。新郎はかなり遠慮があったから、それでも新郎は新しいお父様と
もっと距離を縮じめたい思いがいっぱいあるのを、打ち合わせの中で話し始めたのです。

お母様がいろいろ苦労された姿を見てきた中で、お母様にも幸せになってほしい。だからこそ、新しいお父様をしっかりと家族として受け入れたい想いがあったから。

 

それは新婦の同様な想いでした。実は高校を出たばかりの若いお二人だったので、何をしたら喜んでもらえるのかわからないのですと、打ち合わせの最中に聞いていたのです。

形ばかりではなく、お二人の想いが伝わるもの。そしてご両親の幸せをみんなに祝ってもらいたい。
ご両親が結婚式を挙げなかった理由もそれとなく聞いていたので、何かをしたいという想いがしっかりと伝わりました

それを形作ることが どれだけ大切なのか、その時初めてわかりました。