周りに惑わされずに二人で決めたい結婚の形と時期

 

昨日の披露宴での事です。

お二人は同じ会社に勤務。当然のことながら、ゲストは会社の上司、先輩や同僚と会社関係の方々が大半でした。

そして、どうしても職業柄意識してしまうのかしら、結婚がまだという方も多かったように思いました。

 

年齢的にも早く結婚をしたいと会話が聞こえてきました。同じテ-ブルに座っている方々で、『次は結婚だよ』『早く相手を見つけないと』と、口ぐちに言っているも聞こえてきました。言われている本人も相当意識していた様子。

でも、1000件以上披露宴を担当すると見えてくるものは、人にはそれぞれ時期がある、ということです。いつもそう感じています。

 

だからこそ、結婚式も人それぞれでいいのです。

若い方をメインに考えている日本のブライダル業界は、人それぞれの事情を汲んでいるとは言い難いものがあります。だから、ある程度の年齢で結婚式をと思うと、何か腰が引けてしまうのかもしれませんね。

 

本当は誰もが気軽に相談できる場所があってこそなのですが・・。

学校を卒業したら、基本誰でも同じ道を進むとは限りません。いや学校だってちがいますしね。それなのに結婚は違うって何かおかしいと思う。

長年見てきて感じからこそ気軽に相談でき、そして結婚式を実現するサポ-トをしたい。
いつもそう思っています。

 

実際の披露宴は、テラスでの人前式が行われました。ダズンロ-ズのセレモニ-もありました。

人前式の事はまた別でご紹介します。

50代の結婚・再婚の結婚式