入籍をしてから時間がたっていても結婚式を挙げたい 50代の結婚・再婚その③

023

 

さて、打ち合わせが進んでいくうちに、だんだんいい形になっていきました。

なぜ今回はお母様との打ち合わせになったのかというと、

前回もお伝えしたのですが、新郎新婦のお二人がかなり若く、お子さんがいらっしゃるとは言え、

ご家族で話し合った末、お母様に一任したといういきさつがあります。

ある意味『授かり婚』のカテゴリーなのかもしれませんが、

お母様とは同世代の私。

お母様とはその頃の結婚観、結婚式の事などもお話をするようになり、

50代の方にもぜひ参考のしてほしいと思ったのです。

 

実際、当事者のお二人との打ち合わせ無で、披露宴を迎える経験もしています。

その事例も今後ご紹介していこうと思っています。

お二人はまさに授かり婚で、ご本人たちには結婚式などの知識が全くなく、

お友達も結婚式を挙げていないため、ご招待されることもなかったそうです。

話はそれますが、知識や情報が無くても迎えられますし、そのために私達がいるのですから、

その点はご安心いただきたいのです。

ただ、親の立場としては、不安になるのも当然。

打ち合わせで何を売りつけられるのか(笑)なんて事もあったらどうしよう、

そう思われて当然かもしれませんね。

 

そんなわけで、お母様とは順調に打合せをし、当日を迎える事になりました。